スノーボーダーの皆さん!
待ってた冬がもう目の前。準備はOKですか?
MOVEでは今年人気のモデルをたくさん取りそろえております。
そこで、人気モデルと選び方を大公開!! じっくり読んでくださいね!!

WEB販売はこちらから





スノーボードを楽しんでいる、またはこれから楽しみたいと思っている方。こんにちは。
あなたの今使っている道具ははたしてあなたの滑りやスタイルとマッチしているのかを考えたことはありますか?
この世界にはたくさんのスノーボードギアが存在し、いろいろな滑り方も存在します。
あなたが望むスノーボーディングと、ご使用になっている道具は同じ方向を向いているのか?
全く別なのか?ギア同士のマッチングは?
などわかっていそうで、実はわからない部分も多いのでは?
そんな謎な部分をいろいろな視点から紐解いていきましょう。

人気のグランドトリックやレールなどをこするJIBINGには柔らか目のフレックスの板が好まれます。
ノーズに乗ったりする動きは柔らかい板の方が動きが大きく見え、技に切れが出ます。
ただ、あまり柔らかすぎるとコテコテと動かすにはよいのですが、パン!と返してくるくるっと回すなどの
弾き系トリックは反発が弱く、滞空時間が稼げません。

そのため、ノーズとテールには張りを持たせ、センターを柔らかくねじれるように作り、オーリーパワーと
トーションのねじれの返りを同時に使って高さを出そうと考えているメーカーさんもあります。

また、グラトリもJIBもずらしのコントロールが重要なため、少し板幅は太めに設定されているものも多いです。
これによってずらしのコントロールをしながら、強い反発を持つということが可能になります。
もちろんブーツのサイズとの兼ね合いもありますので、スペックとのにらめっこにはなりますが。

また、ポン!と弾いて振り回すことも多い為、軽く作ろうとするメーカーさんも多いです。
振り回しは以前の物と比べると驚くほど軽くなってきていて、グランドトリックの複雑さがどんどん
増してきています。
最近では走る性能も求めるフレックス強めの板も増えてきています。
グランドトリックも普通に全開のスピードでフリーランをしながら、グランドトリックを挟んでいく、
ラントリ系の板で、比べると全体のバランスは少し強く、トーションもコントロールしています。
スタイルや滑走速度によっても選ぶ板は大きく変わってきますね。

ベストチョイスの為のキーワード・・・少し短めのエッジ。少し太めの板。柔らかめ。軽くて反発のいい板






こちらも最近のトレンド。パウダーボード。スノーサーフィンとも呼ばれ、サーフボードの様
に趣向、好みなどで選ぶものが大きく変わってしまう趣向性の乗り物です。
奥が深く、何本ももちたくなってしまう沼系アイテムです。
パウダーボードと聞くとパウダー専用というイメージ持たれる方も多いかと思いますが、
圧雪バーンも十分楽しめます。

キレキレを望むであれば少しモデルを選ぶ必要性はありますが、普通にカービングもできますし、
パイプすら飛べます。
ですのでパウダー向きくらいでお考え頂ければ、メイン機としてお考えいただいても十分楽しめます。
パウダーボードこそいろいろありまして、ツインチップ、とんがり、ケツ割れ、超長い、超短い、ぶっといなど
などいろいろです。

サーフボードにインスパイアされているため、普通のスノーボードとはぜんぜん違う形のものもあり、
みていて楽しいのも特徴です。
長い板はスピードに強く、より奥までレグが取れます。
普通の板の人の行けないもう少し奥を滑りたいのであれば長めおススメです。

短い板は回旋性が上がるので、タイトなツリーなどでは最高です。
ketu割れはテールをやわらかめに使えるというメリットがあり、ノーズに浮力が付きやすくなるので
コントロールしやすいです。
反面スピードも頭打ちになりやすいので、前に踏んでいく意識が必要ですね。
マウンテンツインはパウダー内でもトリックをして遊びたい、フリースタイラーにおすすめ。
また、キャンバー形状も板の後ろの方にキャンバーの中心があったり、フラットだったり、
ロッカーだったりといろいろです。
メインゲレンデの雪面状況や自分のスタイルに合わせたモデルを選びましょう。 太い板は浮力を稼げます。
またターン時に角付けが大きくできるので動きが大きく出せ楽しいです。
ただトラバースのおおいところをすべる際は落ちやすいので注意が必要。
いろいろなバーンコンディションが存在するバックカントリーで使うならばあまり太すぎない方が
いいかもしれませんね。
形状といって、ノーズやテールがスプーンの様に丸くなったモデルもあります。
最近ではコントローラブルなので非常に人気です。
は沢地形などの壁遊びの際に引っかかりにくいので、別次元の面白さがあります。
パウダーボードと一口で言っても全然違うので、こんな板が欲しい!というのが有れば迷わず店員に
相談しましょう。

ベストチョイスの為のキーワード・・どんな斜面をどんなふうに滑るか?遊び方重視。
それに合わせて形状や長さを考えよう。
最近の要注目ムーブメント。カービング。高いレベルの人から、検定受験の方まで、
いろいろな滑り趣向の方がいらっしゃいます。
基本カービングの板は少し長めのエッジを使いフルにエッジをグリップさせ、
極力減速することなく滑走する板です。
スピードに強く、横に吹っ飛ぶようなGがたまらなく楽しい。

検定系の方は、食わし、ずらしがコントロールしやすく、フレックスが硬すぎない、
中低速の扱いが楽なものがいいと思います。
検定はバランス重視ですので、フロント、バックサイド同じようにターンやずらしがコントロール
できるものが望ましい。
技術レベルやスピードがあがってくれば、それに応じてフレックスやトーションのバランスを
見直していきましょう。

カービングジャンキーならばやはり少し細めのウエストで少し長め、ハンマーやセミハンマーなどの
エッジをフルに活用できるカービングボードがイメージ。
雪面に体をするほど低い位置での深いターンはカービングジャンキーだけでなく、
すべてのスノーボーダーを魅了します。
板の角付け、体の位置、踏み、抜きの方向など課題はたくさんありますが、ターン一つをこんなに
深く考える楽しみは他のスノーボーディングとは一線を画します。
メタルやカーボンを使ったモデルも多く、
すべりのスタイルによって選ぶ板も大きく変わります。
ここも奥深いところですね。カービングは特にですが、スノーボード全般踏めなければいうことを
ききませんので、脚力、技術、体重に見合ったボードを選ぶことが重要ですね。

選ぶイメージ→ディレクショナル。少し長めのエッジ。細めのウエスト。強めのトーション。
フレックスは好みのバランスで。少し重め。


アクセスカウンター